青森県眼科医会は久保木保寿、石郷岡正男、入野田公穂弘前大眼科教授らを中心とした県内の眼科医有志が集って諮り、眼科医会設立の機運がまとまって昭和27年11月16日の第5回青森眼科集談会終了後に発会式を挙行して設立されました。

会長は初代が久保木保寿、その後石郷岡正男、久保木鉄也、秋谷信雄、高橋博、伊藤信一と続き、現在の熊谷俊一は第7代会長になります。

青森県眼科医会発会時の会員数は37名でしたが、発足して20年後には会員は56名(開業医31名、勤務者25医)に増加しました。しかし平成17年の107人を最多として近年の医療環境の変化により漸減し、平成25年現在100名となっています。以前からマスコミでは小児科医、産婦人科医の減少が取りざたされていましたが、現在は眼科医師不足、地域偏在も問題となっています。

本会は設立当初からその目的達成のため、次のような事業を行ってきました。

1. 公衆衛生の啓発指導

トラコーマ検診

本会が発足した昭和27年当時本県は、トラコーマ羅患率が日本一という不名誉な状況にありました。このトラコーマ県の汚名を返上するために、昭和29年弘前大学医学部眼科学教室、眼科医会全会員、青森県公衆衛生課、各地区の保健所の協力を得て、青森県トラコーマ撲滅5ケ年実施要項を作成して、全県下にわたってトラコーマの集団検診、集団治療を行いました。その結果現在一般眼科診療でトラコーマを診ることは殆どなくなりました。

「目の愛護デー」活動

10月10日の「目の愛護デー」の活動として、青森県眼科医会では有志医療機関による新聞広告掲載、最近では市民に向けての講演会や10月には青森テレビ放送で会員による各種眼科疾患についての放映を行っています。また平成25年度にはビジョンバン(眼科医療支援車両)による眼科検診を八戸市において10月10日に行いました。

「三才児検診」への協力・参加

平成2年から三才児検診に視覚検査が加えられたことを受けて、青森県眼科医会は平成5年に4名からなる三才児検診委員会をつくり、県や保健所と相談しながら、協力・参加をどのように行うかを検討しました。

その結果青森県眼科医会としては次のような形で三才児検診に参加することを決めました。

  1. 三才児検診に従事する保健所スタッフに対する講習会の実施。
  2. 保健所での一次検診で異常を指摘された三才児の精密検査の施行。

「目の健康講座」の実施

県民の目の健康に寄与する為、目に関する正しい知識の普及と啓発を目的として「目の健康講座」が日本眼科医会と青森県眼科医会との共催で開催されました。

平成12年には青森市において、平成18年には弘前市においてそして平成24年に八戸市おいて開催されました。今後もこの講座は6年ごとに青森市、弘前市、八戸市で順番に開催予定です。

このページのトップへ

2. 青森眼科集談会への参加

最新の眼科医療を習得するため年2回、会員からの一般講演と共に全国の各疾患のエキスパートによる特別講演を開催し日進月歩の眼科医療に遅れを取らないよう努めています。

3. 青森県眼科医会会報の発行

会員間の情報伝達、親睦を図るため「青森県眼科医会報」を年2回発刊しています。平成25年秋で第56号を迎えました。

4. 社会保険研究会・研修講座

社会保険制度は、今後の超高齢化社会を迎えるに当たり在宅医療を推進するなど年々変化し複雑化していますので日々情報を取得し共有できるよう努力しています。

5. 各地区眼科医会活動

本会が発足以来、青森地区、弘前地区、八戸地区にそれぞれ地区の眼科医会が自然発生的にでき、各地区で独自に講演会等の活動を行い知識の向上に努めています。各地区では、学校医・学校健診の問題、成人病検診、講習会、学術講演会、抄読会、学会報告会、社会保険に関する情報、意見交換などを行い、日進月歩の医学の発展と共に進展し地域医療に協力し、専門知識の普及を図り、青森県の公衆衛生の啓発・発展に寄与するよう努力しています。

このページのトップへ

6. コ・メディカル講習会の開催

眼科医療の一端を担うコ・メディカル(看護職員、視能訓練士、事務職員等)が最新の知識、技術を習得出来るよう勉強会を開催し、更には接遇に関する講習等も行い協力体制を堅持しています。

7. 東北眼科医会連合会への参加

東北6県で構成される東北眼科医会連合会を通して各地区の眼科医療情報等を相互に連絡し情報を共有しお互いの発展に努めています。

8. 各種勉強会の開催

「青森眼科手術懇話会」  第35回を平成25年9月に開催。

「青森眼科セミナー」   第23回を平成25年9月に開催。

「青森緑内障談話会」   第13回を平成25年2月に開催。

「青森眼科フォーラム」  第13回を平成25年7月に開催。

「眼科診療術アップデート」第3回を平成25年9月に開催。

県単位あるいは各地区でそれぞれ特色のある講演会等がもたれ研鑽を積んでいます。このようにして会員が県内に居ながらにして眼科学の新しい知識を習得し技術の向上を図ることが出来るよう積極的に環境を整備しています。

このページのトップへ

9. 医療問題

青森県においても平成9年からコンタクトレンズの販売を主目的とする非眼科医によるコンタクトレンズ診療所の問題が起きるようになりました。コンタクトレンズは目に対しては異物であり、レンズケアが正しく行われないと目に重大な障害を残す危険があります。コンタクトレンズユーザーの目の健康を守るため正しい理解・使用方法について知識を普及させたいと考えています。

また近年は若い人の所謂「度なしカラーコンタクトレンズ」による眼障害が増加しています。このレンズは、度なしであるためインターネット、通販や量産店で眼科での診療なしに購入することが出来ることからユーザーが増えてきました。しかしこの種のレンズの中には色素が漏出し、漏出した色素により眼障害を起こすことが知られています。コンタクトレンズの使用に当たっては安全なCLを使用し、定期的な健診により自分の目を守ることが重要です。目の健康を守るためにも眼科医会として啓発していきたいと考えています。

このページのトップへ